TOP > CD/DVD TOP > DVD > 映画 > ベイブルース〜25歳と364日〜

ベイブルース〜25歳と364日〜


  • 価格:

    ¥4,180 (税込)

  • 数量:

  • 商品コード:YRBN90944

商品について問い合わせる


かつて風の様に時代を駆け抜けた若き漫才師がいた。
彼の名前は河本栄得。

高校時代の同級生である相方の高山知浩と共にNSC(吉本総合芸能学院)の門を叩き、7期生として雨上がり決死隊、トゥナイトのなるみ、矢部美幸(ナインティナインの矢部浩之の兄)と机を並べる。
卒業後はコンビ名を「ベイブルース」と改め、上方お笑い大賞最優秀新人賞やABCお笑い新人グランプリなどの新人賞を次々と獲得。
当時の若手有望株の筆頭に躍り出た。
歌手としてCDリリースも決まり、ベイブルースは将来を嘱望される漫才コンビとなっていった。
漫才に対する姿勢は同期の中でも群を抜く厳しさで、寝る間を惜しんでネタ作りと漫才の練習に打ち込む日々。
ボケとツッコミのタイミングも徹底的にこだわり続け、コンピューター並みの正確さを追求。
自分のボケに対して期待通りのツッコミをしなかったと、相方の高山を怒鳴りつける事も多かった。
人は河本の事を“天才”とも“悪童”とも評し、畏敬の念を以て彼と彼らの活躍に目を見張った。
しかし、今、彼の姿はない。
何もかもが絶好調だった1994年秋、河本はテレビのロケ中に体調不良を訴え、入院。
それからわずか2週間の10月31日、劇症肝炎による脳出血の為、25年と364日の生涯を閉じた。
その短い人生の幕を閉じた彼の生き様は激しさと優しさに溢れ、今だ芸人たちの心に生き続けている。

彼にとって“お笑い”とは何だったのか?
彼にとって“漫才”とは何だったのか?
彼にとって“ 相方 高山” とはどのような存在だったのか?
25年の短くも熱い人生を生き抜いた、伝説の漫才師の壮絶なる実話である。

<特典映像>
・メイキング
・舞台挨拶映像集(第6回沖縄国際映画祭/京都国際映画祭/初日舞台挨拶/公開二日目舞台挨拶)
・予告編
・芸人仲間からのメッセージ集(FUJIWARA/千原ジュニア/星田英利/桂三度/ほんこん)
・ベイブルース復活!漫才[1991/6/1放送「お笑いネットワーク」(読売テレビ)より]永久保存版!河本栄得&高山トモヒロ ― ベイブルース本人映像がDVDで蘇る!
・主題歌「声のしるし」(iLHWA)ミュージックビデオ

<出演>
波岡一喜/趙 ο臓疹川菜摘/安田美沙子/柳憂怜/申相祐/山口馬木也/仁科貴/iLHWA/かつみ/梶原雄太(キングコング)/遠藤章造(ココリコ)/宮迫博之(雨上がり決死隊)/オール巨人(オール阪神・巨人)/石田えり

<監督>
高山トモヒロ

【収録時間】本編120分+特典映像101分

(2015年7月8日発売)

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。

関連商品